いつでもキレイでありたいと願う女性は多いものですが、妊娠によって女性の身体には、赤ちゃんを育てるための様々な変化が訪れます。妊娠することで、今まで行っていたボディケアが制限されることがあります。

脱毛もその一つなのですが、実はその決まりは脱毛サロンや美容クリニックによって異なっており一定の規定はありません。そこで今回は一般的に言われている、妊娠中と産後・授乳中の脱毛についての注意点についてまとめてみました。

妊娠中のムダ毛の脱毛について

レーザー脱毛や光脱毛で照射される光は放射線のように身体を通り抜けることはなく、毛根程度の深さにしか届きませんので、赤ちゃんやお母さんの身体に影響はありません。このため、妊娠に気づいていない時期に脱毛を受けてしまっていても、心配する必要はないのです。

ですが、多くの脱毛サロンや美容クリニックでは、妊娠中の人は脱毛を受けることができません。

妊娠中は脱毛を控えたほうが良い理由

脱毛サロンで、施術を受けられるのは健康状態が良好な方のみという規定がある場合がほとんどです。妊娠は病気ではありませんが、万が一のときのトラブルに対処できないため、妊娠中の人の脱毛は行っていないのです。

特に妊娠初期は体調も安定していないことが多く、ちょっとした刺激で気分が悪くなったりするものです。また妊娠中はホルモンバランスが変化することで、肌にも様々な影響を与えます。

特に気になる人が多いのが、身体中のあちこちにシミや黒ずみができることでしょう。これは妊娠中に多く分泌されるホルモンの中に、メラノサイトを活発にさせるものがあり、メラニン色素が増えるためだと考えられています。

このほか、つわりによる食生活の偏りや、便秘、むくみなどにより、肌荒れしやすく肌が乾燥気味になる人も多いようです。また、妊娠中は体毛が濃くなるのも、よく知られた変化の一つで、特に赤ちゃんを守るためのお腹の毛が濃くなったように感じる人が多いようです。

このように妊娠中は、皮膚表面に様々な変化が起きるため、皮膚に刺激を与える脱毛は控えたほうがよいと言われています。

出産後、脱毛が再開できるの時期について

脱毛に使われる機器は母乳の質に影響は与えませんので、出産後の身体の状態が回復したらムダ毛の脱毛をすることは可能です。しかし、授乳中もホルモンバランスが妊娠前の状態とは変化しており、一時的に毛が濃くなって、脱毛しても効果が得られない場合があるため、脱毛サロンによっては施術が受けられません。

大手サロンのミュゼプラチナムの場合

たとえば大手脱毛サロンのミュゼでは、産後の脱毛は授乳終了後、生理が2回以上順調にあることが条件になっていますが、美容クリニックなどでは、生理が始まる前でも脱毛が受けられるところもあります。

ミュゼでは、もし契約したコースの途中で妊娠が分かったら、一時休止して期間を延長したあと残りを再開するという形になります。また、再開できないようであれば、途中で解約することができ、最後に施術を受けた日から2年以内の返金期間内であれば残りの回数分が返金されます。

まとめ

このように、妊娠・授乳期間中は脱毛できないところがほとんどですので、可能であれば、結婚前または妊娠前に脱毛を済ませておくのがおすすめです。妊娠するとその後1年間は脱毛できませんし、授乳期が終わって脱毛できるようになっても、今度は子育てに忙しくて、自分のボディケアにかける時間が取れないという人がほとんどです。

また、近いうちに妊娠する予定がある方は、脱毛サロンを選ぶ際に、妊娠・授乳期間中の休止が可能かどうかを確認しておくのがよいでしょう。